ここから本文です

<ラグビー日本代表>イタリアとの第2戦に自信「上回る」

6/14(木) 17:01配信

毎日新聞

 ラグビーの日本代表は16日、兵庫・ノエビアスタジアム神戸で、イタリア代表との「リポビタンDチャレンジカップ2018」第2戦に臨む。9日の第1戦では34-17でイタリアに快勝しており、東京都内で14日に記者会見した日本代表のジェイミー・ジョセフ・ヘッドコーチ(HC)は「序盤から力を示し、相手を上回る」と自信をのぞかせた。

 日本協会は同日、先発メンバーを発表した。第1戦の先発から控えに回ったのは、右足首を痛めているNO8マフィ(NTTコム)のみ。NO8には、フランカーで第1戦にフル出場した姫野(トヨタ自動車)、フランカーには徳永(東芝)が起用された。

 第1戦で日本は鋭い出足で前に詰める防御が機能。密集で相手ボールを奪うターンオーバーも目立ったが、その後の攻めで一気にトライへ持ち込む場面はなかった。ジョセフHCは「今度はターンオーバーから結末(得点)まで持っていく」と意欲を見せた。

 イタリアや23日の第3戦で当たるジョージアは大柄でフィジカルの強い選手が多い。日本は敏しょう性や細かいパス技術を生かし、トライを取り切れるか注目される。【谷口拓未】

最終更新:6/14(木) 17:01
毎日新聞