ここから本文です

<マレーシア>在北朝鮮大使館を再開へ 金正男氏殺害で閉鎖

6/14(木) 17:53配信

毎日新聞

 【シンガポール西脇真一】マレーシアのマハティール首相は、平壌の在北朝鮮マレーシア大使館を再開する方針を明らかにした。北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男(キム・ジョンナム)氏が昨年2月、クアラルンプール国際空港で殺害された事件を機に両国関係が悪化し、大使館は閉鎖されていた。

 日経新聞の英字誌(電子版)が11日、マハティール氏とのインタビューを報じた。マハティール氏は「北朝鮮のかたくなな態度を和らげるために国際交渉に関与させるべきだ」と述べ、大使館も「再開させるだろう」と語った。

 マレーシア警察は北朝鮮が金正男氏を組織的に殺害したとみて、男4人を指名手配。両国関係は断交寸前まで悪化し、大使館員は帰国していた。

 マハティール氏は1981~2003年の前回首相在任時、北朝鮮との外交関係維持に努めた。大使館再開の発言は、シンガポールでの米朝首脳会談(12日)が実現すれば、北朝鮮への圧力が緩和されるとの考えも念頭にあったとみられる。

最終更新:6/14(木) 18:09
毎日新聞