ここから本文です

<TDS>新アトラクションに「アナ雪」 22年度大幅拡張

6/14(木) 19:25配信

毎日新聞

 オリエンタルランドは14日、東京ディズニーシー(TDS、千葉県浦安市)の大幅拡張を発表した。ディズニーの大ヒット映画「アナと雪の女王」など3作品の世界を四つのアトラクション施設で再現。新たなホテルも開業する。2022年度の開業を目指す。

 投資額はTDS開業以来最大となる約2500億円。隣接する駐車場を立体化し、空いた敷地約14万平方メートルを活用する。「魔法の泉が導くディズニーファンタジーの世界」をテーマに、「アナ雪」「塔の上のラプンツェル」「ピーター・パン」のアトラクションを計四つ導入。三つのレストランのほか、高級ホテルも建設する。

 TDSを含む東京ディズニーリゾート(TDR)の年間入園者数は5年連続で3000万人を超え、混雑が深刻化している。拡張によって混雑緩和を目指す。同社は東京ディズニーランド(TDL)、TDSに続く第3のパークも検討したが、浦安市で記者会見した加賀見俊夫会長は「満足感が低下しつつあるシーとランドの充実を先に図る」と説明。「インパクトのある投資でパークの魅力を高める」と語った。

 また、上西京一郎社長は入場料の値上げを検討していることを明らかにした。TDS拡張により、年間売上高(18年3月期連結は4792億円)を500億円押し上げる効果を見込む。【今村茜】

最終更新:6/14(木) 19:45
毎日新聞