ここから本文です

俳優コ・ス、SBS新ドラマ「胸部外科」に出演確定

6/14(木) 15:49配信

WoW!Korea

韓国俳優コ・スがSBS新水木ドラマ「胸部外科」のシノプシスと台本に信頼を寄せて出演を確定した。

コ・スのプロフィールと写真

 来る9月に放送される「胸部外科」(仮題)は「2つの命たったひとつの心臓」、ジレンマの状況に置かれた切迫した胸部外科医の物語を扱ったドラマで、2017年のヒット作である「被告人」のチョ・ヨングァン監督と、チェ・スジン、チェ・チャンファン作家が再び意気投合した。

 コ・スは母親の心臓移植を受けるために、厳しい環境で働くフェロー生活4年目を過ごしている胸部外科の医師で、母親の手術と医師としての信念の間で葛藤する主人公パク・テス役で出演を決定した。

 ドラマ関係者は「コ・スがテス役でオファーを受けた後、シノプシスと台本を非常に楽しく読んだ」とし、「それでこんなに早く出演を決定することになった。ドラマの本格的な開始を知らせることになったが、これから多くの関心をお願いする」と頼んだ。

 このように「被告人」の作家と監督のコンビ、そしてコ・スの出演確定で関心を集めているドラマ「胸部外科」は「親愛なる判事様へ」の後続番組として、来る9月中にSBSを通じて放送される。

最終更新:6/14(木) 15:49
WoW!Korea