ここから本文です

OPEC・非加盟国会合、合理的で穏やかな合意へ=サウジ・エネ相

6/14(木) 19:39配信

ロイター

[モスクワ 14日 ロイター] - サウジアラビアのファリハ・エネルギー産業鉱物資源相は14日、来週ウィーンで開かれる石油輸出国機構(OPEC)と非加盟国の会合では「合理的で穏やかな」合意に達するとの見通しを示した。訪問先のモスクワで記者団に述べた。

ファリハ氏は原油生産量を日量180万バレル引き上げ、現在の減産合意前の水準に戻すべきとの提案は承知しているとした上で、市場を満足させる合意を見込んでいると語った。

また増産に反対しているイランとベネズエラが他の加盟国と対立する事態は想定していないと述べた。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)

最終更新:6/16(土) 2:13
ロイター