ここから本文です

原発廃炉が一番の肝=吉野復興相

6/14(木) 15:47配信

時事通信

 吉野正芳復興相は14日、東京電力ホールディングスの小早川智明社長が福島第2原発(福島県楢葉町、富岡町)の4基を廃炉の方向で検討する意向を示したことについて「大変うれしい。廃炉を成し遂げることが福島復興の一番の肝だ」と語った。

 東京都内で記者団の取材に応じた。吉野氏は「これ以上判断を遅らせても40年ルールで確実に廃炉になってしまう。その前に判断したのはいいことだ」と指摘した。 

最終更新:6/14(木) 15:50
時事通信

あわせて読みたい