ここから本文です

<新幹線>のぞみ走行中に人と接触か、先端から人体の一部

6/14(木) 21:21配信

毎日新聞

 14日午後2時10分ごろ、北九州市小倉北区のJR小倉駅で、博多発東京行き「のぞみ176号」(16両編成)の先頭車両のボンネットが割れているのが見つかった。車両は山口県下関市の新下関駅で臨時停車し、ボンネットを調べたところ割れ目から人体の一部が見つかった。性別や年齢は不明。走行中に人と接触したとみて調べている。乗員や乗客約200人にけがはなかった。

【写真特集】ボンネットが破損した「のぞみ176号」

 現場検証に伴って山陽新幹線広島-博多間の上下線はこの日の運転を取りやめ、東海道、九州新幹線にも遅れが出るなど影響が広がった。

 JR西日本によると、博多駅を出発する際の車両点検では異常は確認されておらず、博多-小倉駅間のトンネル付近で人と接触したとみられる。

 のぞみ176号の運転士は異音に気づいたが報告せず走行を続けた。小倉駅のホームで乗客の安全確認をしていた駅員は破損に気づくことはなかったとみられる。

 JR西日本の広報担当者は「運転士が過去に小動物に当たった経験があり、安全に支障はなく止める必要がないと判断したが、結果的には停車して確認する必要のある事案だった。改めて指導を徹底したい」と語った。

 福岡県警によると、北九州市八幡西区の石坂トンネル近くの線路上で遺体の一部が複数見つかり、新幹線と接触した被害者とみて調べている。外部から人が立ち入ったとみている。【比嘉洋、井上卓也】

 ◇76本が運休

 JR西日本によると、76本が運休し、63本に最大4時間23分の遅れが生じ、4万1500人に影響した。JR東海によると、17本に最大1時間53分の遅れが出た。

最終更新:6/15(金) 12:14
毎日新聞