ここから本文です

ポケモンが2025年万博誘致のプレゼン映像に起用 ピカチュウがリザードンに乗って大阪上空を飛び回る

6/14(木) 18:22配信

ねとらぼ

 経済産業省が、2025年国際博覧会の大阪・関西誘致に向けて、6月13日にBIE(博覧会国際事務局)総会でプレゼンテーションを行いました。その際のコンセプト映像をYouTubeで公開しているのですが、なんとポケモンを案内役に起用しています。

イーブイとピカチュウを巡り合わせる演出が心憎い

 会場予定地の夢洲(ゆめしま)上空を、ピカチュウがリザードンに乗って飛行。メインストリートの広場に降り立つと、並木道を通ってイーブイと巡り会います。ああ、かわいすぎて会場のコンセプト説明が全然頭に入ってこない。

 パビリオンのイメージを説明する場面では、ソーナンスやコイル、ヒトカゲなど、さまざまなポケモンが登場。AR(拡張現実)を用いて、彼らに会場を案内してもらう試みのように見えますが、本当にそうなったら大人気になりそう。

 誘致委員会の公式Twitterによると、映像はBIE総会でも注目を集めたとのこと。「『これが実現したら何回でも行く!』という人も多いのでは?」とアピールしています。

最終更新:6/14(木) 18:22
ねとらぼ