ここから本文です

<米朝会談>結果報告 拉致被害者の家族からは冷静な声も

6/14(木) 21:43配信

毎日新聞

 北朝鮮による拉致被害者の家族は14日、安倍晋三首相と首相官邸で面会し、米朝会談で拉致問題が提起されたことの説明を受けた。家族からは進展に期待する声が上がったが、冷静な対応を求める意見も出た。

 田口八重子さん(行方不明時22歳)の兄で家族会代表の飯塚繁雄さん(80)は会談で問題が提起された点を評価。安倍首相に「確実に北朝鮮が拉致被害者を帰すと約束した時に訪朝していただき、(問題解決の)詰めをしていただきたい」と要望した。

 面会後の記者会見で横田めぐみさん(同13歳)の弟拓也さん(49)は「入り口のドアが開いた段階で、まだ全部が見えていない。冷静に今後の北朝鮮の動きを見てから評価を下すべきだ」と話した。増元るみ子さん(同24歳)の弟照明さん(62)は「(首相には)拉致被害者の救出なしには絶対に北朝鮮への支援はしないでほしいと申し上げた」と述べた。【堀智行】

最終更新:6/14(木) 23:08
毎日新聞