ここから本文です

Campfire、ダイナミック型の旗艦イヤフォン「ATLAS」。10mm径A.D.L.Cドライバ

6/14(木) 16:55配信

Impress Watch

 ミックスウェーブは、米Campfire Audioのイヤフォン「ATLAS(アトラス)」(CAM-5225)を6月19日より発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は152,700円前後。

【この記事に関する別の画像を見る】

 10mm径のA.D.L.Cコーティングのダイナミック型ドライバ1基と、重厚感のあるステンレススチール筐体、専用に作られた銀導体のケーブルを組み合わせた、同社ダイナミック型イヤフォンの新たなフラグシップモデル。'16年に発売した8.5mm径のA.D.L.Cコーティングドライバ搭載「VEGA」をブラッシュアップ。「より力強く、より壮大なサウンド」を目指したという。MMCX端子を備え、ケーブル交換も可能。

 A.D.L.C(アモルファス・ダイヤモンド・ライク・カーボン)は、ダイヤモンドとグラファイトのハイブリッド素材のアモルファス(非結晶ダイヤモンド)を指し、高い剛性を持つ素材。今回の新ドライバは、「ダイヤフラム設計の理想を追求した結果、優れた忠実性、周波数特性、低い歪率を実現させた特別なダイナミック型ドライバ」としている。

 ステンレススチール筐体は、高級時計などにも広く使われる、信頼性の高い素材を使用。落とし鍛造により形成された後、高精度なCNC加工を経て、鏡面仕上げを施しており、職人によってハンドメイドで組み立てられている。

 銀導体ケーブルの「PureSilverLitzCable」は、ATLASの魅力を最大限引き出すために作られたもの。マイクロフォニックノイズを抑える構造で、繊細な音まで忠実に耳に届けるという。ケーブル長は約122cmで、プラグはステレオミニ。

 周波数特性は5Hz~20kHz、入力感度は105dB、インピーダンスは19Ω。ケース「Campfire Audio Black Leather Earphone Case」や、イヤーピース(シリコン、フォーム、E-Type)、クリーニングツールなどが付属する。

AV Watch,中林暁

最終更新:6/14(木) 16:55
Impress Watch