ここから本文です

「転職考えたい」が3割=国家公務員新人アンケート―人事院

6/14(木) 18:14配信

時事通信

 人事院は14日、主に2018年度に入省した国家公務員総合職(大学院修了・大卒程度)の職員を対象に実施したアンケートの結果を発表した。

 「転職を考えたい」と答えた人が17年度より5ポイント近く増えて3割に達した。人事院の担当者は「民間の中途採用の意欲が高く、挑戦志向の人が増えているため」と分析。官僚の不祥事が相次いだ影響については否定的な見方を示した。

 調査は職員749人に行い、99.6%が回答した。国家公務員としていつまで働きたいかとの問いに対し、「長期間勤めてから転職を考えたい」は21.2%(17年度17.9%)。「条件が合えばいつでも転職を考えたい」が9.0%(同7.6%)、「若いうちに転職を考えたい」が2.0%(同1.9%)だった。一方、「定年まで働きたい」は46.2%(同54.5%)で、約1割減った。 

最終更新:6/14(木) 18:59
時事通信