ここから本文です

<国会>憲法審幹事懇開けず IR法巡る与野党対立激化で

6/14(木) 22:57配信

毎日新聞

 自民、公明両党と立憲民主党など野党は14日、衆院憲法審査会の幹事懇談会の開催を見送った。憲法改正の手続きを定める国民投票法改正案について協議する予定だったが、カジノを含む統合型リゾート(IR)実施法案を巡る与野党対立の激化を受け、野党が開催に応じなかった。

 自民党は7日の幹事懇で国民投票法改正案の取り扱いに関する申し合わせ文書を示したが、立憲や国民民主党は回答せず持ち帰っていた。野党幹事は14日の幹事懇に応じなかった理由について「国会がこのような状況で、憲法審だけ合意するようなことはできない」と説明した。与党は協議を続ける構えだが、改正案成立の見通しは立っていない。【田中裕之、立野将弘】

最終更新:6/14(木) 22:57
毎日新聞