ここから本文です

JAL山陰支店が夏季限定の出雲-札幌便PR 保育園児らにラベンダー贈る

6/15(金) 7:55配信

産経新聞

 北海道に夏の訪れを告げる花・ラベンダーが14日、日本航空の出雲空港スタッフから松江市の私立保育園「キッズいちばた」の子供たちにプレゼントされた。

 ラベンダーの贈り物は、夏季限定で運航される出雲-札幌便のPRを兼ね、子供たちに喜んでもらおうと日航山陰支店が企画。この日、沢山英治支店長と同社の出雲空港スタッフ2人の計3人が同園を訪れ、子供たちに鉢植えのラベンダーを手渡した。同園では「育て方を教わり、植え替えて花を増やしたい」と喜んでいた。

 同支店はこのほか、島根県庁や松江・出雲両市役所にもラベンダーをプレゼントした。

 出雲空港の札幌便は、平成8年に就航したが22年に休止。その後、26年に運航が再開された。今年は8月1~31日の月・水・金・日曜、ボーイング737(165席)が1往復する。

最終更新:6/15(金) 7:55
産経新聞