ここから本文です

曙ブレーキ、世界初の「中・小型トラック用電動パーキングブレーキ」開発

6/14(木) 19:04配信

Impress Watch

 曙ブレーキ工業は6月14日、既存の他社量産品よりも高いクランプ力を発生する世界初の「中・小型トラック用電動パーキングブレーキ」を開発したと発表した。

 これまで市販されてきた他社量産品では、モーター出力を1つのスピンドル機構を介して1つのピストンに伝達する構造となっているが、曙ブレーキの新しい電動パーキングブレーキでは、中・小型車で多用されている「2ピストンディスクブレーキ」をベースに使い、モーター出力を2つのスピンドル機構で2つのピストンに伝達する独自構造を採用。

 これによって発生出力が他社量産品と比較して200%以上になり、出力を得るために必要な電流値が乗用車用の既存製品と同等の14Aになるほか、車両1台当たりで3kg以上の軽量化につながるという。

 今後は2019年に生産体制を構築。この電動パーキングブレーキを軸とするビジネスを拡大し、曙ブレーキでこれまでに継承されてきた技術と新たな差別化技術を融合させ、さまざまな電動ブレーキキャリパー開発に展開させていくとしている。

Car Watch,編集部:佐久間 秀

最終更新:6/14(木) 19:04
Impress Watch