ここから本文です

ソフトバンク石川 プロ入りワースト3被弾、今季ワースト5失点で降板

6/14(木) 20:59配信

デイリースポーツ

 「交流戦、ソフトバンク-巨人」(14日、ヤフオクドーム)

 ソフトバンクの先発・石川柊太投手が巨人打線の一発攻勢に屈し、6回5失点で降板した。

 二回回、阿部に右翼へ特大5号ソロを浴びて先制点を奪われた。直後に味方打線が逆転してくれたが、四回には岡本に12号逆転2ランを許した。

 その後ソフトバンクは3対3と振り出しに戻したが、またも石川が踏ん張れず。追いついた直後の六回回、先頭坂本に痛恨の9号勝ち越しソロを献上し、さらに岡本にもタイムリーを浴びた。

 5失点は今季ワースト。また、1試合3被弾はプロ入り後ワーストだった。

 降板後に石川は「ホームランを許した球が高かったのが反省です。点を取られても、野手のみなさんが点を取ってくれたのに、踏ん張れませんでした。申し訳ないの一言です」と力なくコメントした。