ここから本文です

ゴーン氏、ルノーCEO退任も=任期満了前に―英紙

6/14(木) 19:50配信

時事通信

 【パリ時事】英紙フィナンシャル・タイムズ(FT、電子版)は14日、フランス自動車大手ルノーのカルロス・ゴーン最高経営責任者(CEO)が2022年の任期満了を待たずに退任する可能性があると報じた。

 
 FT紙によると、ゴーン氏は「私が22年より前にCEOを退くと考えてもいい」と語った。退任後もルノーの会長にとどまり、ルノー・日産・三菱自動車連合のCEO兼会長職も続投する見通しという。 

最終更新:6/14(木) 19:54
時事通信