ここから本文です

福島県クレー射撃協会が不正受給=領収書偽造で450万円

6/14(木) 19:58配信

時事通信

 福島県体育協会は14日、県クレー射撃協会が選手強化事業の補助金を約450万円不正受給していたと発表した。

 2013~17年度の5年間にわたり、領収書を偽造していたという。来週にも射撃協会に返還請求をする見通し。

 県体協によると、射撃協会は国体に出場する選手の練習費用など、強化事業に関する領収書を受け取っていなかった。そのため、練習場の公印を偽造して架空の領収書を作成。補助金の実績報告書に添付して県体協に申請していた。偽造した領収書は109枚に上るという。

 また、15~17年度に会計を担当した同県いわき市の60代男性職員が、不正受給分のうち60万円を着服したと認めているという。 

最終更新:6/14(木) 20:05
時事通信