ここから本文です

巨人・鍬原がプロ初勝利 6回途中4失点も打線の援護受ける

6/14(木) 21:31配信

デイリースポーツ

 「交流戦、ソフトバンク4-6巨人」(14日、ヤフオクドーム)

 巨人が2カード連続の勝ち越しを決めた。先発の鍬原はプロ3度目の登板で、2本の本塁打を浴びるなど5回2/3を4安打4失点ながら、打線の援護に助けられてプロ初勝利を挙げた。

【写真】巨人の新旧4番が鍬原アシスト弾

 二回1死から、まずは阿部がソフトバンク先発・石川の変化球を捉え、右翼席へ運ぶ5号先制ソロ。二回に一度は松田の2ランで逆転されたが、1点を追う四回1死一塁から、今度は岡本が左翼席へ2試合連続となる逆転12号2ランを放った。

 六回には坂本勇の9号ソロ、岡本の適時打で突き放した。直前の五回に、吉川尚の失策の間に同点に追いつかれていたが、一振りで悪い流れを即座に断ち切った。

 ソフトバンクは3カード連続の負け越し。先発の石川は6回を投げプロ入りワーストの3被弾、今季ワーストの5失点で。