ここから本文です

4位転落のソフトバンク・工藤監督「苦しいのは間違いない」 3カード連続負け越し

6/14(木) 22:12配信

デイリースポーツ

 「交流戦、ソフトバンク6-4巨人」(14日、ヤフオクドーム)

 敗れたソフトバンクはBクラスの4位に転落した。

 3対3の同点で迎えた六回表、先発の石川が坂本に勝ち越し9号ソロを浴びると、さらに岡本にもタイムリーを許して突き放された。

 その裏に好調の上林の8号ソロで1点差に迫ったが、九回表に4番手の加治屋が坂本に痛恨のタイムリーを打たれて再び2点差とされると、ソフトバンク打線に反撃する余力は残っていなかった。

 工藤監督は、今季ワースト5失点&プロワースト3被弾で3敗目を喫した石川について「(先制被弾の)阿部には(変化球を)狙われていたところもあった。ボールが走っている時は空振りやファウルになるんだろうけど、今日はいい方向に出なかった。それに曲りの小さなスライダーのコントロールに苦しんでいたのもあって、ストレートを狙い打たれたところもあった」と話した。

 交流戦は6連勝スタートを切りながら、これで3カード連続負け越し。投打の主力に故障者が相次いでいる。「苦しいのは間違いない。でも、このメンバーでやって行くしかない。みんな苦しいのは十分わかっている。でも、何とかしないと。次のカードをしっかり戦っていきます」と指揮官は必死に前を向こうとしていた。

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合7/21(土) 16:25