ここから本文です

ヤクルト・青木、先頭でランニング本塁打=プロ野球

6/14(木) 22:55配信

時事通信

 ヤクルトの青木がプロ野球史上9人目の初回先頭打者ランニング本塁打。打ち上げた打球を中堅の秋山が見失い、捕球できずに転倒。大歓声に後押しされながら全力疾走して本塁に滑り込み「運動会で走っている感じだった」と笑った。

 同点の九回先頭でも右前打を放ち、決勝のホームイン。左腕を痛めた影響で打席に立てない山田哲に代わり、1番の役割を果たした。

 これでチームは交流戦に入ってから5カード連続で勝ち越し。青木は「当面の目標は交流戦で優勝すること」と力強く言い切った。

最終更新:6/14(木) 23:00
時事通信