ここから本文です

キキ役・福本莉子、トンボ役の関西ジャニーズJr.大西流星と息ピッタリ…ミュージカル「魔女と宅急便」

6/14(木) 19:48配信

スポーツ報知

 16年の東宝シンデレラグランプリの女優・福本莉子(17)が14日、東京・新国立劇場中劇場で初主演ミュージカル「魔女の宅急便」(15~24日)のフォトコールに、関西ジャニーズJr.の大西流星(16)らと出席した。

 スタジオジブリの名作を昨年の初演に続いて再演。主人公・キキ役の福本は今回が初舞台で「最初は不安が大きかったけど稽古が始まると現場が楽しくて、キキとして生きられるのが楽しい」と笑顔。ホウキに乗って高さ3・6メートルのフライングに挑み、「最初は怖いと思ったけど、ジェットコースターが好きなので楽しい」と度胸満点ぶりを見せた。

 トンボ役の大西は普段のJr.メンバーから離れての舞台に「さびしいと思ったけど、毎日楽しい。ホームシックにはまだなってない」とニッコリ。関西出身の福本とも息ピッタリで、「キキとトンボがライクからラブに変わる瞬間を目に焼き付けてほしい」と呼び掛けた。

 また、女優の生田智子(51)がキキの母親役を演じる。夫でサッカー元日本代表の中山雅史(50)はテレビ朝日のサッカーW杯中継の解説を務めるとあり、「私はこの舞台のW杯で頑張ります。チームワークはバッチリなので、ゴールを何点も決めます」と笑わせた。

最終更新:6/14(木) 19:48
スポーツ報知