ここから本文です

【函館スプリントS】函館なら武!ダイアナ態勢万全

6/14(木) 8:08配信

サンケイスポーツ

 函館スプリントステークスの追い切りが13日、函館競馬場と美浦トレセンで行われた。函館ではダイアナヘイローが芝コースで一番時計をマーク。前走の高松宮記念で18着に敗れたダメージはなく、調子を上げてきた。4年連続で函館開幕週に参戦する武豊騎手(49)を背に重賞3勝目を狙う。

 夜景の名所・函館山に垂れ込める雲を振り払うような快走だ。前走最下位からの大逆転Vへ、ダイアナヘイローが芝コース2周のハード追いを敢行した。

 断続的に小雨が降る中、向こう正面から芝コース入り。そのままゆったりしたペースで約3/4周し、残り6ハロンの標識から徐々に速度を上げていった。雨で渋った馬場を苦にすることなく、ビシッと追われてラスト1ハロンは11秒9をマーク。5ハロン61秒6は文句なしにこの日の一番時計だ。

 「先週は移動直後で軽めになったのでビシッと追いたかった。雨の洋芝にも脚を取られず、しっかり走ってくれました」

 相棒の頑張りに原田助手は白い歯をこぼした。前走・高松宮記念は18着と大敗したが、連戦で目に見えない疲れもあったのだろう。2走前の阪急杯ではのちの安田記念馬モズアスコットを振り切ってV。GIIIならスピードは上だ。

 今回は全7勝中6勝を挙げている武豊騎手とのコンビが復活する。函館開幕週に4年連続の参戦で、前3年で計9勝とさすがの存在感を示している。前人未到のJRA通算4000勝まであと26勝と迫る第一人者だが、4月以降3勝とスローダウン。勝率では全10場中、福島(24・2%)に次いで高い函館(22・3%)。相性のいい舞台でペースを上げたいところだ。

 「ユタカさんはこの馬のことをよく分かっていて、うまくコントロールしてくれる。手綱が戻ってピリッとしたところを見せてほしいですね」と原田助手は期待を寄せる。

 この後は連覇のかかる北九州記念に転戦し、サマースプリントシリーズ制覇を狙う。「函館は直線が短いので前に行ける分、有利だと思います。ここ数週でグングン調子も上がっていますし、シリーズ初戦で勢いに乗っていきたいですね」。昨年6~8月に4連勝を飾った快速娘が、まだ肌寒さの残る函館に夏の訪れを告げる。 (漆山貴禎)

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ