ここから本文です

巨人ドラ1・鍬原、実は初勝利に気づいてなかった?

6/14(木) 23:03配信

サンケイスポーツ

 (セ・パ交流戦、ソフトバンク4-6巨人、3回戦、巨人2勝1敗、14日、ヤフオクD)巨人のドラフト1位・鍬原(くわはら)拓也投手(22)=中大=が14日、ソフトバンク最終戦(ヤフオクドーム)に先発。5回2/3で87球を投げ、4安打4失点(自責点3)と粘投し、プロ初勝利を挙げた。

 六回途中で降板した右腕。試合後、まさかの発言が飛び出した。

 「九回2アウトまで勝ち投手って知らなかったんですよ。先行だったじゃないですか? 六回表に勝ち越してもらったので、その裏を投げきらないと勝ち投手じゃないと思っていたので。めっちゃ悔しくて…。途中まで知らなかったです」

 六回二死から、中大の先輩・沢村が松田を遊ゴロに抑えてベンチに戻ってくると「お前を絶対勝たせてやる」と声をかけてきてくれた。だが、「意味が分からなかったんです」と困惑していたという。「そして、中井さんと(田中)俊太さんに『このままいったら勝ち投手だぞ』と言われて。中井さんに理由を説明してもらいました」と鍬原。投球は強気でも、実はおちゃめなルーキーが、今後も巨人にいい風を吹かせてくれるだろう。

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合6/25(月) 11:10