ここから本文です

プーチン氏「W杯外交」不発 大国復活誇示するはずが…少ない要人訪露

6/14(木) 21:00配信

産経新聞

 【モスクワ=遠藤良介】ロシアのプーチン大統領は14日、サッカーのワールドカップ(W杯)開幕に合わせて訪露した各国要人との首脳外交を始動させた。しかし、ロシアの国際的孤立を反映し、W杯を訪れる主要国の要人はきわめて限定的とみられている。プーチン氏肝いりのプロジェクトとして史上最多の費用が投じられたW杯初開催だが、外交面での成果は乏しいものになりそうだ。

 露高官によると、14日の開幕式には17カ国・地域の首脳が出席。サウジアラビアのムハンマド・ビン・サルマン皇太子や北朝鮮の金永南最高人民会議常任委員長が目を引くのを除けば、大半は旧ソ連諸国・地域や中南米の国々だ。

 出場32カ国で見ても、7月15日までの期間中、観戦に訪れるとみられているのは韓国やセルビア、スイスなど8カ国の首脳にとどまる。マクロン仏大統領が意欲的とされるが、現時点で訪露は固まっていない。

 2014年のブラジル大会で、メルケル独首相やバイデン米副大統領(当時)、ベルギー国王夫妻、オランダ国王らが続々と観戦に訪れたのとは対照的だ。

 ロシアは14年以降、ウクライナへの軍事介入、米大統領選への干渉を理由に欧米の経済制裁を科された。スポーツの一大祭典を友好ムード演出につなげたい考えだったが、欧米の反応は悪く、W杯外交は“不発”の色が濃い。

 英国で3月、ロシアの元情報機関員らが旧ソ連開発の神経剤によって襲撃を受けた事件が追い打ちとなった。欧米側は事件を受けて露外交官150人以上を追放し、ロシアも報復した。英国が政府高官や王族のW杯“ボイコット”を表明し、アイスランドもこれに続いた。

 W杯ロシア大会は10年、プーチン氏が思い入れをもって招致を成功させた。14年のソチ冬季五輪などと並んで「プーチン・プロジェクト」と称される。招致当時のプーチン氏は、大型の国際行事を通じて大国復活を誇示し、先進諸国の認知と敬意を得ようと考えた。国際情勢が一変し、当初の思惑は大きく外れた形だ。

 経済紙RBKによると、会場建設やインフラ整備などに投じられた費用は130億ドル(約1兆4363億円)で、ブラジル大会の116億ドルを抜いて史上最多。プーチン氏は大型事業による地方の発展なども期待したが、「経済効果は小さく、長期的には元がとれない」(専門家)といった見方が多い。

最終更新:6/14(木) 21:00
産経新聞