ここから本文です

県にカジノ誘致中止を申し入れ

6/14(木) 19:05配信

NBC長崎放送

NBC長崎放送

 IR=カジノを含む統合型リゾートの整備法案が国会で審議される中、カジノに反対する市民団体が14日、県に対し佐世保市への誘致をやめるよう申し入れた。

 「カジノは賭博ですよね。それで産業の発展を図ると言う発想自体が歪んでいる」
 申し入れたのは長崎と佐世保の市民団体で現在、県などが進めているハウステンボスへのカジノ誘致を中止するよう要請した。IR施設ができた場合、有識者会議の試算では年間740万人が訪れ2600億円の経済波及効果と2万2千人の雇用を生み出すとされているが、市民団体は一方的な意見だとして反発している。
 「マイナスの影響もきちんと公表してほしいと思います。やはり、ギャンブル依存症が起こったり環境も悪くなると思うんです。誰か損する人のお金で儲けて経済効果を生み出すわけでしょ、その考え方自体が間違ってると思いますけど」(カジノ誘致問題を考える市民の会・前川恵子さん)
 IR整備法案は現在、国会で審議されており成長戦略の目玉と位置づける政府与党側と野党との攻防が続いている。

NBC長崎放送

最終更新:6/14(木) 19:23
NBC長崎放送