ここから本文です

サッカー選手を引退…挫折をバネに僕が選んだセカンドキャリア

6/14(木) 17:01配信

リクナビNEXTジャーナル

子どものころから横浜マリノスサッカースクールの選抜クラスに所属し、かつてはプロのサッカー選手を目指していた田中和寿さん。選手引退後はチーム所属のコーチ兼メディカルスタッフを長く務め、40代を前に独立開業を決断。現在は、治療家、プロアスリートのパフォーマンスをあげるアドバイザー、オーガニック農業と福祉を連携させる社会起業家という三足のわらじを履いて活躍中です。これらのキャリアを築くターニングポイントには、度重なるケガと難治性の特定疾患という挫折、そして次のステージへと導いてくれる出会いがありました。
田中 和寿(たなか かずひさ)
元 横浜マリノストレーナー/パフォーマンスアドバイザー
栄養コンシェルジュ協会2ツ星
Athlete Lab代表
アスリートラボスポーツ整骨院 代表
代表

繰り返すケガによってサッカー選手の夢を断念

――サッカーを始めたのは、いつごろですか?
小学2年ですね。実は小学1年までは、両親が水泳のコーチをしていた影響でスイミングスクールに通っていました。6歳で大学生や社会人の競技選手と一緒のレーンで泳ぐレベルになっていて、出場する大会すべてで金メダルをとっていました。正直、水泳のほうが向いていたと思います。でも水泳が嫌で嫌でしょうがなくて(笑)。両親に「サッカー選手になるからスイミングを辞めさせてくれ」と懇願して、やっと辞めることができました。
地元のサッカーチームから始めて、小学3~4年くらいの時に横浜マリノス(当時は日産自動車)のサッカースクールに入りました。その後、スクールの中学生選抜で横浜マリノスのジュニアユースチームに入団。高校時代も選抜メンバーとなってユースチームで過ごしましたが、何度もケガをして選手を続けられなくなってしまいました。
――それでメディカルスタッフの道を選んだのですか?
周りのチームメイトはプロ選手とか大学のサッカー推薦という進路をチームから提示されている中で、僕だけサッカーとは全く関係のないガテン系の会社を紹介されたんです。そんな就職斡旋は、マリノスの歴史上、未だかつて僕だけしかいません(笑)。後で聞くと、監督の知り合いの会社からの求人で上下関係がしっかりできているスポーツマンを雇いたいということだったようです(笑)
「それなら就職先は自分で探します」と即答すると、監督は「では、マリノスでコーチをやりながら、ケガをした選手のケアをできるような治療家になったらどうだ?」と提案してくれて、二つ返事で承諾しました。

1/3ページ