ここから本文です

予防接種のミスが1年間に87件‥接種履歴や間隔の確認を 名古屋市

6/14(木) 19:22配信

CBCテレビ

CBCテレビ

 名古屋市が実施する予防接種で、昨年度、接種する間隔を間違えたり、ワクチンの期限が切れていたりするミスが、あわせて87件あったことがわかりました。

 名古屋市によりますと、昨年度あった予防接種に関するミスは、接種の間隔を間違えていたのが最も多く、50件、ワクチンの期限切れが4件など、あわせて87件に上りました。

 いずれも、健康被害は報告されていないということです。

 生後2か月以上で、同時に接種することが多い「ヒブワクチン」と「小児肺炎球菌ワクチン」については、4回目の接種を同時にしてはいけないケースがあるということです。

 名古屋市は、医療機関に対して、確認を呼びかけるとともに、保護者にも、「母子手帳に必ず接種の履歴を記入し、間隔などを確認してほしい」と話しています。

最終更新:6/14(木) 23:59
CBCテレビ