ここから本文です

10年前の性的暴行事件 時効成立直前に男を逮捕/埼玉県

6/14(木) 18:21配信

テレ玉

執念の捜査により時効成立直前での逮捕です。10年前の2008年の14日、10代の女性に性的暴行を加えたとして、昨夜、川口市の37歳の会社役員の男が県警に逮捕されました。

逮捕・送検されたのは、川口市戸塚の会社役員野澤徹容疑者(37)です。警察の調べによりますと野澤容疑者は10年前の2008年6月14日、川口市内の路上で、徒歩で帰宅途中の当時10代後半の女子専門学校生に「大声を出したら刺すぞ」と脅し、市内の公園などに連れ回して性的暴行を加えた強姦の疑いが持たれています。

警察によりますと事件の直後、女子専門学校生の母親が川口警察署に届け出て捜査が進められていました。事件から5年経った2013年に別の事件で逮捕された野澤容疑者が重要参考人として浮上、2018年4月に警察が野澤容疑者に再度、捜査への協力を依頼しましたが拒否されていました。警察は先月、逮捕状を請求し、野澤容疑者の行方を追っていましたが、13日、川口市内にある知人のマンションに野澤容疑者がいるのを発見し、逮捕しました。

警察の調べに対し、野澤容疑者は「記憶にない」と容疑を否認しているということです。野澤容疑者の身柄はけさ、さいたま地検に送られ、地検は公訴時効となる15日午前0時までに起訴するかどうかを判断する方針です。

テレ玉

最終更新:6/14(木) 18:21
テレ玉