ここから本文です

フェデラー 今季芝初戦は白星、世界54位に苦戦も8強へ<男子テニス>

6/14(木) 0:08配信

tennis365.net

メルセデス・カップ

男子テニスのメルセデス・カップ(ドイツ/シュツットガルト、芝、ATP250)は13日、シングルス2回戦が行われ、第1シードのR・フェデラーが世界ランク54位のM・ズベレフを3-6, 6-4, 6-2の逆転で下して今季芝初戦を白星を飾り、ベスト8進出を果たした。

【大坂vsアレルトバ 1ポイント速報】

今大会は上位4シードが1回戦免除のため、この日が初戦だったフェデラーは第1セットを落とすも第2セットを取る。ファイナルセットでは2度のブレークに成功、最後はリターンエースを決めて1時間33分で勝利した。

36歳のフェデラーは、今年の全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)で優勝。その後、BNPパリバ・オープン(アメリカ/インディアンウェルズ、ハード、ATP1000)で準優勝、マイアミ・オープン(アメリカ/マイアミ、ハード、ATP1000)では初戦で敗退し、クレーシーズンは全大会を欠場していた。

今大会の第2シードはL・プイユ(フランス)、第3シードはT・ベルディヒ(チェコ共和国)、第4シードはN・キリオス(オーストラリア)、第7シードはM・ラオニッチ(カナダ)、第8シードはF・ロペス(スペイン)。第5シードのP・コールシュライバー(ドイツ)と第6シードのD・シャポバロフ(カナダ)は初戦で敗退した。

tennis365.net

最終更新:6/14(木) 0:32
tennis365.net