ここから本文です

【鹿児島】特定外来生物ツルヒヨドリに注意

6/14(木) 20:14配信

KKB鹿児島放送

KKB鹿児島放送

 「外来生物」が確認されているのは奄美大島で、拡大を防ぐ対策が急がれています。奄美大島で確認されている「外来生物」は南北アメリカ原産のツル性植物、「ツルヒヨドリ」です。驚異的な勢いで分布を広げ、ほかの植物を覆って枯らしてしまうため「世界の侵略的外来種ワースト100」にも挙げられています。

 奄美大島には20年ほど前に侵入したとみられ、奄美市など複数の場所で確認されています。世界自然遺産への登録を目指す奄美大島では、固有種に影響を及ぼす外来種への対応が課題となっていて県や環境省などが対策を進めることにしています。

 ツルヒヨドリは「1分間で1マイル=およそ1.6キロメートル広がる雑草」という異名を持つほど驚異的に分布を広げ、生態系や農作物への影響が懸念されます。2016年度から実施の調査で奄美市など少なくとも12カ所で確認されています。

最終更新:6/14(木) 20:14
KKB鹿児島放送