ここから本文です

J2大宮の“アルディ”が献血PR/埼玉県

6/14(木) 18:21配信

テレ玉

6月14日は血液型を発見し、ノーベル賞を受賞したカール・ラントスタイナーの誕生日にちなみ「世界献血者デー」です。大宮区の献血ルームではJ2大宮アルディージャのマスコット「アルディ」が献血への協力を呼びかけました。

県赤十字血液センターによりますと、40代以上の献血者は増えているものの10代から30代の若い世代の献血者が10年前に比べておよそ3割減少しています。このため、若者の献血を呼びかけようと「大宮献血ルームウエスト」ではアルディが献血の雰囲気を体験するなどしてPRしました。

県内で、血液の安定供給を行うためには1日およそ700人の献血者が必要とされ県赤十字血液センターの田角章一所長は「埼玉県は高校生の献血者数が11年連続で全国1位となっている。若い世代に向け、さらに協力を呼びかけていきたい」と話しています。

テレ玉

最終更新:6/14(木) 18:21
テレ玉