ここから本文です

恵比寿★マスカッツ・石岡真衣、タクシー運転手と“他人のお釣り”でもめた

6/14(木) 17:47配信

トレンドニュース(GYAO)

女性アイドルグループ・恵比寿★マスカッツのメンバーでもあるタレントの石岡真衣が、奨学金などで300万円ほどの借金を背負っていると語った。お金に困るあまり起きたタクシー運転手とのトラブルを明かしたが、MC陣は引き気味だった……。

何でもセクシーにしちゃう恵比寿★マスカッツの特技>>

石岡が、トークバラエティ「ぶるぺん」に出演した。奨学金200万円、母親からの援助100万円で、総額300万円ほどの借金を背負っているとのこと。そのため貧乏生活を送っているらしく、かつては家賃2万9000円の風呂なし物件に住んでいたことも明かした。

恵比寿★マスカッツのメンバーとタクシーに乗ったときは、相手が「ワンメーターで申し訳ないのでお釣りはいらないです」と運転手に1000円札を渡したのを見て、思わず「だったら私にちょうだい」と言ってしまった。石岡は、「運転手さんより私のほうが信頼関係はある」と主張したが、もちろん運転手は、「僕がもらったものなので」と反論した。その場で5分ほど言い合いになり、結局、タクシーに同乗した相手から「恥ずかしいから、後でおごるから行こう」と諭されたそうだ。

石岡は、「今でもモヤモヤしている。どっちが正しかったのかな」と語ったが、番組アシスタントのタレント・小池美由は、「よく言えるなって思っちゃう。友達が払ったお金に『もらっていい?』って……」と引き気味の反応。MCを務めるお笑いコンビ・ザブングルの松尾陽介も「それなかなか言えないよ」と微妙な表情だった。

貧乏生活でそれだけ追い詰められていたということだろうか……。番組では他にも、石岡が「なんでもセクシーにする特技」を披露。スタジオは笑いに包まれた。

(文/原田美紗@HEW)