ここから本文です

アンジェリーナ・ジョリー、ブラッド・ピットとの面会をめぐり親権を失う可能性も!

6/14(木) 21:10配信

ELLEgirl

アンジェリーナ・ジョリーとブラッド・ピットには養子と実子を合わせて6人の子どもがいるが、物理的な親権は一時的に母親が保有している。そのため、子どもたちと一緒に暮らし、養育しているのはアンジーだけれど、親権を剥奪される可能性が浮上! ニュースサイト「The Blast」は、ある裁判書類を入手。「父親と会えないのは子どもたちにとって有害」「父親と母親の両方と健全で、強い関係を持つことが子どもたちにとって重要」とする判事の見解が記載されているという。

【写真】2度と見ることはできない!ブラピ&アンジーのラブラブ写真をプレイバック

つまりアンジーが子どもたちとブラッドの面会を制限しているため、「子どもたちが父親と連絡することができないままであれば、状況に応じて子どもたちが母親と過ごす時間を減らし、物理的な親権を父親に与える」ことに! 判事はアンジーに対して「子どもたちの携帯電話の番号をブラッドに教え、ブラッドがいつでも電話をかけていいようにする」「ブラッドと子どもたちとのテキストメッセージを勝手に読まない。通話も監視しない」と忠告している。

さらに裁判所は、ブラッドと子どもたちの面会も細かく指示。6月8日から17日にかけては現在アンジーと子どもたちが住んでいるロンドンで、1日1人から2人の子どもと4時間程度面会。6月末から7月初めにかけては1日10時間、7月8日から14日にかけては4日間連続で会うことができるという。また7月末には、ブラッドの住んでいるカリフォルニアで子どもと過ごすことができるものの、いずれの場合もセラピストが同席する予定。ちなみに長男マドックスは16歳なので、自分で父親と会うかどうか決めていいことになっているそう。

子どもたちがブラッドと過ごしている間、アンジーは1日1回あらかじめ決められた時間にしか電話できないという。関係者によると「アンジーは子どもたちのことだけに集中している状態」。そんな彼女にとっては耐えられないようなスケジュールだろうけれど、これを守らない限り、親権がブラッドに移ってしまうのもあり得る話。ブラッドとの離婚申請後、公の場にたびたび子どもたちを連れて登場しているアンジー、何よりも6人の子どもたちの幸せを最優先にしてほしい。
(text : Yoko Nagasaka)

最終更新:6/15(金) 14:06
ELLEgirl