ここから本文です

国道ののり面崩落 広島・安芸太田町が県に要望書

6/14(木) 19:34配信

HOME広島ホームテレビ

HOME広島ホームテレビ

安芸太田町の国道でのり面が崩落した事故をうけ、町長らが県に早急な道路整備などを求める要望書を提出しました。

県庁を訪ねた安芸太田町の小坂眞治町長は「一日も早い復旧にお力添えとご尽力いただきたい」と要望しました。今月6日、安芸太田町の国道191号で崖が崩れ、巻き込まれた男性が死亡しました。安芸太田町の町長らは早急な通行止めの解除や危険箇所の道路整備を行うよう求める要望書を道路を管理する県に提出しました。小坂町長は「地域全体の現状を調査していただいて優先順位をつけながら取り組んでいただきたい」とも話しました。現場の道路では現在も通行止めが続き復旧のめどがたっていません。このため県は迂回車両の対応としてネクスコ西日本に要請し14日の午後から高速道路の広島北インターチェンジと戸河内インターチェンジの間を無料とする措置をとっています。県は引き続き崩落の詳しい原因や再発防止策を検討するため外部の専門家による検討会を設置し16日に現地調査などを行うことにしています。