ここから本文です

サービスエリアで強盗想定し訓練 高知・南国市

6/14(木) 20:12配信

テレビ高知

テレビ高知

万一に備え、南国市のサービスエリアで強盗事件を想定した訓練が行われました。参加者たちは犯人の特徴を正確に把握し伝えるポイントを学びました。

訓練は、西日本高速道路サービスホールディングスや、南国警察署などが合同で行いました。銃を持った強盗犯が金銭を要求してくるという想定です。参加者たちは緊迫した雰囲気のなか逃げる強盗に訓練用のカラーボールを投げつけたり、かけつけた警察官に犯人の特徴を正確に伝えたりしていました。このあと参加者たちは、カラーボールの効果的な投げ方も教わりました。

高速道路交通警察隊の谷脇正副隊長は「犯人を刺激しないよう時間をかせぎながら正確に特徴を記憶することが大事」とアドバイスしていました。

最終更新:6/14(木) 20:12
テレビ高知