ここから本文です

“100年に一度の大変革期” トヨタ自動車株主総会 先進技術の質問相次ぐ 愛知・豊田市

6/14(木) 13:00配信

中京テレビNEWS

 クルマを造るメーカーから移動サービスなども手掛けるモビリティ・カンパニーへの変化を目指すトヨタ自動車で14日、株主総会が開かれ、電動車についての質問が相次ぎました。

 トヨタ自動車の株主総会は、愛知県豊田市の本社で行われ、去年を上回る過去最多の株主が参加しているとみられます。

 総会では、100年に一度の大変革を迎えている自動車産業で、トヨタが対処すべき電動化や自動運転など先進技術についての質問が相次ぎました。

 トヨタの幹部は、電気自動車だけでなくハイブリッド車や燃料電池車を含めた電動車の商品力向上を図り、安全品質を最上課題に取り組んでいる、と話しました。

 参加した株主は「直接トヨタ社長の話を生で聞くことが刺激になる」。別の株主は「(EV・自動運転などの開発)スピードは他メーカーと同じか、先に行ってほしい」などと話していました。

中京テレビNEWS