ここから本文です

沖縄・奄美 16日(土)にかけて大雨のおそれ 土砂災害、低地の浸水に警戒

6/14(木) 17:15配信

ウェザーマップ

 熱帯低気圧が台風に発達し、あす15日(金)には沖縄の先島諸島に接近する見込み。沖縄・奄美では非常に激しい雨が降り大雨となる。土砂災害、低い土地の浸水や河川の増水、高波に警戒するとともに、強風に注意が必要だ。

 14日午後3時、南シナ海にある熱帯低気圧が、15日午後3時までに台風へと発達し、先島諸島に接近する見込み。南西諸島には現在、梅雨前線が停滞し、南から暖かく湿った空気が流れ込み局地的に雨雲が発達している。この方面は、1時間に50ミリの非常に激しい雨が降り、16日(土)にかけて大雨となり災害の発生するおそれがある。
 
<15日夕方までの予想降水量(多い所)>
 沖縄     180ミリ
 奄美     120ミリ

 沖縄・奄美はその後、16日夕方までの24時間に、さらに多い所で100~200ミリの雨が予想されている。大雨による土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水に警戒が必要だ。落雷や竜巻などの激しい突風にも注意が必要で、発達した積乱雲の近づく兆しがある場合には、建物内に移動するなど安全確保に努める必要がある。

強風や高波にも注意

 沖縄・地方は、16日にかけて海上を中心に風が強まり、海はうねりを伴いしける見込み。沖縄では、16日には非常に強い風が吹き、大しけとなるおそれがある。
 15日までに予想される最大瞬間風速は、沖縄・奄美で30メートル。15日までに予想される波の高さは、沖縄で5メートル、奄美は4メートルの見込み。うねりを伴った高波に警戒するとともに、強風にも注意が必要だ。

最終更新:6/14(木) 17:22
ウェザーマップ