ここから本文です

氷見の特産 稲積梅 小学生が収穫の喜びを体験/富山

6/14(木) 20:06配信

チューリップテレビ

 氷見市の小学生たちが、地元の特産・稲積梅の摘み取りを体験しました。
 1時間かけて作業に汗を流し、およそ300キロもの梅を収穫しました。

 この取り組みは、地域の人たちとともに収穫することでふるさとに親しんでもらおうと、氷見市の比見乃江(ひみのえ)小学校が毎年行っているものです。
 14日は、4年生69人が参加し、地元の農家や梅干しの加工を行う主婦たちから実の取り方の説明を受けながら、1時間をかけておよそ300キロの実を摘み取りました。
 農家によりますと、今年は例年よりやや小ぶりではあるものの、木になった実の量が多く、豊作が期待できるということです。
 14日摘み取った実は、児童たちによって来月、天日干しされ、梅干しに加工してから10月ごろ学校の給食に出される予定です。

チューリップテレビ