ここから本文です

贈賄の疑い 富山市の建設資材会社社長逮捕/富山

6/14(木) 20:10配信

チューリップテレビ

 国交省・北海道開発局が発注した太陽光パネルの設置工事で便宜をはかってもらった見返りとして当時の職員に対して旅行に招待するなどの接待をしたとして、富山市の建設資材会社の社長が贈賄の疑いで逮捕されました。
 贈賄の疑いで逮捕されたのは、富山市婦中町の建設資材会社「トーエス」の社長、細川豊容疑者(65)です。

 細川容疑者は、2015年、北海道開発局が発注した「国営かんがい排水事業」に伴う太陽光パネルの設置工事をめぐり、参入に便宣をはかってもらった見返りとして、当時の開発局の課長に対し、現金およそ10万円を渡したほか、50万相当の国内旅行に招待した疑いが持たれています。
 また、警察は、収賄の疑いで北海道開発局の元課長・西脇康善容疑者(56)と、贈賄の疑いで、トーエスの札幌営業所長だった佐藤一幸容疑者(68)の2人も逮捕しました。

 トーエス北陸支店によりますと、細川容疑者と西脇容疑者の2人の間には、直接の面識はなかったということです。
 警察は、3人の認否を明らかにしていませんが、関係先など20か所以上を家宅捜索し、事件の『いきさつ』などを調べています。

チューリップテレビ