ここから本文です

ソフトB内川、2軍で復帰即アーチ 1カ月ぶり実戦で2安打 右膝回復順調「下半身に力」

6/14(木) 15:51配信

西日本スポーツ

 ◆ウエスタン・リーグ ソフトバンク4-0オリックス(14日・タマスタ筑後)

 右膝痛などで戦列を離れているソフトバンクの内川聖一内野手(35)が約1カ月ぶりに実戦復帰し、第2打席で本塁打を放った。

【写真】そろいのユニホームで「あぶさん」と並ぶ内川

 「4番DH」で先発出場。第1打席で右飛に倒れた後、4回1死でオリックス先発の左腕、松葉の137キロ直球を左中間オーバーフェンスとした。「いい緊張の中で打席に立てて、久しぶりに下半身に力が入った」と振り返り「もう一度あの感覚を確かめたいと思った」と志願して1打席を追加。第3打席は2ボール2ストライクから141キロを右前に運んだ。「追い込まれた状況で、あの打撃ができることが僕にとって大事」と自身も納得の2安打だった。

 15日のウエスタン・リーグ広島戦(マツダスタジアム)では一塁の守備にも就く予定で、1軍昇格への準備を整える。

 内川は5月9日の西武戦で通算2000安打を達成した後、15日の楽天戦で左足首に自打球を当て打撲で途中交代し、16日の同カードを欠場。4月に死球を受けた右膝の回復が遅れていたこともあり、5月17日に出場選手登録を外れた。

西日本スポーツ

最終更新:6/14(木) 15:57
西日本スポーツ