ここから本文です

石けんみたいなスイーツ? 驚きのブッフェをセントレジスが大阪で開催

6/14(木) 19:00配信

Lmaga.jp

「セント レジス ホテル 大阪」(大阪市中央区)が、バス&ボディケアブランドとコラボしたスイーツブッフェ『サボン・グルメ・デザート・ブッフェ』を7月2日から開催。そのメニューが関係者に6月13日公開された。

【写真】見比べると商品そっくり

「夢の国のデリカテッセン」をテーマとしたブランド「サボン・グルメ」は、まるで食べたくなるようなバスアイテムを展開(実際は食べられません)。イスラエル発のバス&ボディケアブランド「サボン」による、大人向けの日本限定ブランドとなり、関西では神戸に1店舗あるのみだ。

今回は同ホテルのシェフとコラボし、メニューのビジュアルをすべて「サボン・グルメ」の担当者が監修したとのこと。クリエイティブマネージャーの倉田愛子さんは、「ワクワク心躍るような見た目を追究しました。ブランドのアイテムを再現したり、モードで大人っぽい世界観を表現しています。また、ラベンダー、バニラ、ココナッツなど展開している香りを、スイーツで味わって楽しめます」と話す。

二層になっている石けんを表現したケーキ、バスキューブそっくりなギモーブ(マシュマロ)、泡を表現したバブルスープ、スポンジのような見た目に焼き上げたパンなど。ディスプレイに商品も並べているため、見比べるとそのそっくり具合に驚いてしまうほど。会場を訪れていた女性たちは歓声を上げて、あちこちで写真を撮り続けていた。期間は9月17日まで、料金は4200円(税・サ別)。実際の商品は一部、洗面所に設置され利用できるとのこと。

最終更新:6/14(木) 20:16
Lmaga.jp

あわせて読みたい