ここから本文です

南カリフォルニア大学、違法ドラッグに続き勤務医のセクハラ発覚

6/14(木) 18:00配信 有料

クランクイン!

 南カリフォルニア大学が、最大の危機に陥っている。同大学は、昨年、メディカルスクールの前学部長カーメン・プリアフィトが、在任中に違法ドラッグを常用していた事実で注目されたばかり。彼はキャンパス内でも使用していたほか、薬物中毒の若者とホテルの部屋で集まった時に、そのうちひとりを過剰摂取状態にしたこともあった。その騒ぎがまだ冷めない中、今度は、キャンパス内のクリニックに勤務してきた婦人科医ジョージ・ティンダルが、30年近くにわたって患者にセクハラを行ってきたことが判明したのである。 本文:919文字 この記事の続きをお読みいただくには、クランクイン! for Yahoo!ニュースの購入が必要です。

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

  • 通常価格:
    324円/月(初月無料)
    会員価格会員価格:
    216円/月(初月無料)

クランクイン! for Yahoo!ニュースの記事一覧へ戻る

最終更新:6/14(木) 18:00
クランクイン!