ここから本文です

【日韓戦直前情報】主力5選手を欠きながらも層の厚さで勝負。日本戦で新戦力を鍛える韓国

6/14(木) 7:00配信

バスケットボールキング

6月15日(東京・大田区総合体育館)、17日(宮城・ゼビオアリーナ仙台)に開催される「バスケットボール男子日本代表国際強化試合2018」。韓国代表を招いて行われるこの一戦は、男子日本代表にとってニック・ファジーカス、八村塁をいう新戦力が加わるWindow3を前に、チーム作りの観点からも重要な意味を持つと言えるだろう。そこで、ここでは日韓戦の歴史、さらに韓国代表の現状を紹介したい。

FIBA国際大会では20年勝利していない相手

 日本がなかなか超えられない壁、それが男子バスケットボールにおける韓国だ。近年のFIBA公式戦では、1997年アジア選手権(現アジアカップ)の2次ラウンド以来勝ち星がなく、それ以外の国際公式戦でも、昨年6月に行われた東アジア選手権と2009年の東アジア競技大会の予選ラウンドでしか勝利をあげていない。

 しかもその3戦にしても、韓国はただ敗れているわけではない。1997年FIBAアジア選手権と2009年東アジア競技大会では敗れたあとに修正しながら優勝まで駆け上がっており、昨年の東アジア選手権は若手中心で準優勝の成績を収めている。その後、8月に行われたFIBAアジアカップではベストメンバーを揃えて81-68で日本に勝利。さらには3位決定戦でニュージーランドを下して銅メダルを獲得したことからも、やはり一枚上手の相手だといえる。

 韓国と対戦すればフィジカルやスタミナの強さに屈し、組織的なプレーに翻弄されて完敗を喫してきた。また粘った試合でも、勝負所でのシュートの正確さやディフェンスのチェンジングといった駆け引きで惑わされてしまうことが多かった。その試合巧者ぶりが韓国の特徴であり、ここ数年は機動力ある2メートル級選手が多く出現しているのも強みである。

 FIBAワールドカップ1次予選において、韓国のここまでの戦いでは2勝2敗。中国には敗れているが、香港に勝利し、強豪のニュージーランドには1勝1敗。アジアカップでの2勝を加えると、すでにこの1年でニュージーランドから3勝をあげるほどの力がある。Window3では中国と香港とのアウェー戦を残しており、2連勝を目指している。

1/2ページ