ここから本文です

熊本ヴォルターズ、並里祐が契約継続で在籍2季目へ…福田真生との再契約も発表

6/14(木) 16:22配信

バスケットボールキング

 熊本ヴォルターズは6月13日、並里祐、福田真生との2018-19シーズンにおける契約継続に基本合意したことを発表した。

 現在31歳の並里は170センチ72キロのポイントガード。中部学院大学卒業の2010年にレノヴァ鹿児島(現鹿児島レブナイズ)に入団して、翌年には岩手ビッグブルズへ移籍した。その後、再び鹿児島に復帰し2014-15シーズンより3季に渡り浜松・東三河フェニックス(現三遠ネオフェニックス)でプレー。今シーズンより熊本に加入すると、レギュラーシーズンでは計57試合に出場し、231得点(1試合平均4.1得点)186アシスト(同3.3アシスト)を記録した。

 主にスモールフォワードでプレーする福田は、193センチ89キロの28歳。青山学院大学卒業後はアイシンシーホース(現シーホース三河)、サイバーダインつくばロボッツ(現茨城ロボッツ)でプレーし、Bリーグ開幕の2016年より熊本ヴォルターズに所属している。今季はレギュラーシーズン全60試合に先発し、374得点(1試合平均6.2得点)203リバウンド(同3.4リバウンド)を挙げたが、6日に自由交渉選手リストに公示され、クラブが引き続き交渉を行っていた。

 来季も熊本でプレーすることになった両選手は、クラブの公式facebookにて次のようにコメントした。

 「2018-19シーズンもヴォルターズ でプレイする事になりました。大好きな熊本の地でまたバスケットが出来る事に感謝しています。昨シーズン果たせなかったB1昇格・B2優勝という目標を達成するために、責任と覚悟を持って全身全霊でプレイします。2018-19シーズンも熊本ヴォルターズ 並里祐を宜しくお願いします」(並里)

 「いつもあたたかい応援ありがとうございます。今シーズンも熊本でプレーさせていただくこととなりました。ヴォルターズがB1昇格を掲げて3シーズン目となります。ヴォルターズを応援してくださるファンの皆さまのため、B1昇格を果たすべく初心にかえりまい進して参ります。そして、B1昇格には支えてくださる皆様の応援が不可欠だと思っています。どうか熱い声援で後押しをしていただけますようお願いいたします」(福田)

 なお同クラブは、6月14日時点で柿内輝心、菊池広明との契約継続も発表している。

BASKETBALL KING