ここから本文です

凱旋門賞挑戦クリンチャーの仏滞在厩舎が決まる

6/14(木) 17:41配信

日刊スポーツ

 世界最高峰のレース、凱旋門賞(G1、芝2400メートル、仏パリロンシャン=10月7日)に挑戦する天皇賞・春3着のクリンチャー(牡4、宮本)の現地滞在先がパスカル・バリー厩舎に決まった。

 13年キズナと同じ。バリー厩舎は3日のフランスダービーを制したディープインパクト産駒スタディオブマンを管理している。14日、放牧先の大山ヒルズにクリンチャーの様子を見に行った宮本師は「リラックスしていた。7月下旬から8月頭には栗東に戻す」と話した。8月23日に出国する予定。

最終更新:6/14(木) 17:48
日刊スポーツ

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ