ここから本文です

オリックス1年ぶりAクラス!福良監督「打線活発」

6/14(木) 21:44配信

日刊スポーツ

<日本生命セ・パ交流戦:オリックス8-2広島>◇14日◇京セラドーム大阪

 オリックスが昨年5月以来、1年1カ月ぶりにAクラスに浮上した。

【写真】ヒーローインタビューでファンにこたえる大城と吉田正

 0・5ゲーム差に迫っていたソフトバンクが敗れたため、3連勝のオリックスが入れ替わって3位になった。

 打線が2試合連続の2桁安打で快勝。投げては金子千尋投手が7回にソロ弾を2発浴びたが、6回0/3で2失点と試合を作り、3勝目を挙げた。

 1カ月ぶりに1軍復帰した中島宏之内野手が「6番一塁」で先発し、適時打2本と活躍。「最初にヒットが出たのは大きいかもしれない。これからどういう起用になるか分からないけど、出たところでしっかり打ちたい」と語った。

 今季最多の12得点だった前日に続いて、打線がつながった。福良淳一監督は「今日も打線が活発でしたね。今日出た人たちが頑張ってくれた。中島はいいところで2本打ってくれた。金子は本来の投球だったんじゃないかな」と投打のかみ合った戦いぶりに手応えを感じている様子だった。

最終更新:6/14(木) 22:58
日刊スポーツ

あわせて読みたい