ここから本文です

新幹線男女3人殺傷事件・容疑者の男は直前まで岡谷市に滞在か

6/14(木) 21:19配信

SBC信越放送

新幹線男女3人殺傷事件・容疑者の男は直前まで岡谷市に滞在か

東海道新幹線の車内で男女3人が殺傷された事件で、逮捕された男が事件の直前まで岡谷市に滞在していたと見られることがわかりました。
愛知県岡崎市の無職・小島一朗容疑者22歳は今月9日、走行中の東海道新幹線の車内で男女3人を切りつけ、死傷させたとして逮捕されました。
岡谷市長地権現町の温泉施設「ロマネット」には、小島容疑者とみられる人物が今年2月ごろから頻繁に訪れるようになったといいます。
副館長の男性は「4月や5月になってもベンチコートを着て行動していたのでおかしいなと感じた。
両脇に大きな荷物やナップザックをぶら下げた自転車で来ていた」と話していました。
小島容疑者とみられる男はほぼ毎週施設を利用し、多い時には週に2~3回訪れたということで、2階のリラックスルームでパソコンを使っていました。
また施設内の食堂の店長は男の印象について「非常におとなしい青年で、事件を起こすとは思えなかった」と話していました。
小島容疑者とみられる男は、この施設を事件前日の8日の午後7時ごろまで利用していたことが確認されていて、副館長は「2階のトイレの清掃をしていたらレンタルウエアを着て入ってきたので、どうぞお使い下さいと声をかけたが無言で引き返していった」と当時の様子を話していました。
また施設には神奈川県警から、小島容疑者の所持品の中に施設のプリペイドカードがあったと連絡がありました。
さらに警察はJR岡谷駅周辺にとめてあった小島容疑者の自転車を押収し、事件当日の午前9時過ぎに岡谷駅から東京に向かったことを確認していて、詳しい足取りなどを調べています。

最終更新:6/14(木) 21:44
SBC信越放送