ここから本文です

「頭突き」「踏みつけ」「神の手?」 ~W杯で起きた忘れられない10の事件簿~

6/14(木) 20:06配信

SOCCER KING

 14日、いよいよ「2018 FIFAワールドカップ ロシア」が開幕する。ここまで多くのスタープレーヤーやビッグマッチが特集されてきたが、合わせて注目してほしいのが、ピッチ内で起こる“事件”だ。乱闘や疑惑の判定など、これまでも多くの事件が起こってきたが、ワールドカップが国と国のプライドを懸けた勝負ならではと言えるだろう。そこで、ロシアW杯開幕目前の今、試合結果以上に大きな話題となった10の事件簿をおさらいしよう。

写真=ゲッティイメージズ

■若き貴公子の過ち…母国から受けた“戦犯扱い”

1998年フランスW杯、当時23歳のデイヴィッド・ベッカムはワールドカップ初出場を果たした。イングランド代表は決勝トーナメント1回戦でアルゼンチン代表と対戦。47分、ディエゴ・シメオネからタックルを受け倒されたベッカムは、倒された状態のままシメオネの足を軽く蹴って転倒させてしまう。それを見ていた主審は、ベッカムにレッドカードを提示。さらにイングランド代表はPK戦の末、敗退してしまった。その後、イギリスメディアが「10 heroic lions one stupid boy(10人のライオンと1人の愚かな若者)」とベッカムを揶揄し、敗退の“戦犯”として非難を浴びた。

■不名誉なW杯記録! 計16枚のイエローカードが飛び交った大乱戦

2006年ドイツW杯、決勝トーナメント1回戦でポルトガル代表とオランダ代表が対戦。大会屈指の好カードとして注目を集めた一戦は思わぬ“乱戦”となってしまう。オランダ代表のマルク・ファン・ボメルが開始早々の2分にイエローカードを提示されると、試合は大荒れの展開に。ポルトガル代表はコスチーニャ、デコ、オランダ代表はハリド・ブラルーズ、ジオバンニ・ファン・ブロンクホルストの計4人が退場。90分までに提示された16枚のイエローカードはワールドカップ史上最多記録となった。試合は23分にマニシェが決めた先制点を守り切り、ポルトガル代表がベスト8進出を果たした。

■ルーニーが相手DFを踏みつけ、C・ロナウドとの不仲騒動が勃発!

2006年ドイツW杯準々決勝、イングランド代表vsポルトガル代表の一戦。試合開始から拮抗した試合展開が続くとスコアレスで後半へ。迎えた62分、ウェイン・ルーニーがリカルド・カルヴァーリョとのボールの競り合いで倒れ、立ち上がる瞬間にカルヴァーリョの下腹部を踏みつけてしまう。このプレーに対して当時、マンチェスター・ユナイテッドでチームメイトだったクリスティアーノ・ロナウドが審判へ猛抗議。するとルーニーがロナウドを突き飛ばし一発レッドで退場処分を受けた。試合は延長戦でも決着がつかずPK戦へ。最後はロナウドが決めてポルトガル代表が準決勝へ進出した。大会後はルーニーとロナウドの“不仲説”が噂され騒動となった。

1/3ページ

最終更新:6/15(金) 14:57
SOCCER KING