ここから本文です

名古屋ジョーは国外移籍志願か…中東オファーはクラブが拒否

6/14(木) 7:30配信

ゲキサカ

 名古屋グランパスFWジョーは移籍を望んでいるが、クラブが期限付き移籍のオファーを固辞したという。ブラジルメディア『MEU TIMAO』が報じている。

 記事によると、古巣のコリンチャンスのファビオ・カリーリ前監督が指揮官を務めているサウジアラビアのアル・ワフダが獲得に動いていた。だが、年300万ドル(約3億3000万円)のローン移籍オファーを名古屋が断り、移籍の可能性はなくなったという。

 ジョーはブラジルへの帰国を模索しているといい、来年1月に再び動き始める予定。一方、コリンチャンスは新たなストライカーを獲得しようとしているようだ。

 ジョーは2018年、コリンチャンスから名古屋に加入。17年にはブラジル全国選手権で得点王、ベストイレブン、最優秀選手の個人3冠を獲得していたが、今季は15試合で6得点にとどまっている。

最終更新:6/14(木) 13:37
ゲキサカ