ここから本文です

J2徳島にピーター・ウタカ加入 2016年にJ1得点王

6/14(木) 16:45配信

徳島新聞

 サッカーJ2徳島ヴォルティスは14日、元ナイジェリア代表で、2016年のJ1得点王・FWピーター・ウタカ(34)の完全移籍による加入を発表した。背番号は50。

 ナイジェリア出身のウタカは身長178センチ、体重79キロ。ベルギー、デンマーク、中国のクラブを経て2015年にJ1清水に加入、2016年には広島へ移籍し、19得点を挙げてリーグ得点王となった。昨季はF東京でプレーし、今季はデンマークのヴェイレBKに在籍した。J1では3シーズンで86試合36得点。代表では、2010年にデビューを果たし、7試合3得点を記録している。

 決定力に加え、狭いスペースでもプレーでき、つなぎに加わりながらゴール前へ入っていく力もある。

 徳島は、昨季23得点のFW渡大生がJ1広島へ移籍。今季、その穴をまだ埋められず、第18節を終えて、総得点はリーグワースト3位の14得点にとどまっている。FW登録選手の得点は2で、負傷者も抱える。FW呉屋大翔は5月に手術して戦線を離れ、開幕前に補強したブラジル人FWナタンも長期の離脱中で、前線の強化が課題だった。

 徳島のリカルド・ロドリゲス監督は「得点をすることがチームの最重要課題」と話し、ウタカの加入について「後半戦にわれわれをサポートしてくれる重要な存在になってくれると思う」と、元J1得点王の決定力に期待した。

 ウタカは、クラブを通じて「このたび、徳島に来られたことを本当に幸せに思っています。新しいチームメイト、そしてスタッフと一緒にプレーすること、働くことがとても待ち遠しいです。チームの目標のために自分の100%を出してチームに貢献したいと思っています。早くピッチの上で徳島ヴォルティスのファン・サポーターの皆さんに会えることを楽しみにしています」とコメントを発表した。

最終更新:6/14(木) 20:21
徳島新聞